大分市内の賢い車検ナビ

大分市で車検を通す場合の基礎知識とは

九州にある大分市で車検を受ける場合、二通りの料金が必要になります。1つは法定費用です。法定費用は、法律に定められた費用になります。具体的には、重量税や印紙代、自賠責保険料になります。これらのものは、割引をすることができませんので、どの業者にお願いしても料金は一緒になります。逆に法定費用が割引できるとしたら怪しいと思って間違いないでしょう。この法定費用は、普通自動車であればおよそ4万円から5万円位と考えておけば間違いありません。
一方で、点検代行費用があります。点検費用は、業者が点検をしたときの手間賃になりますので、業者によって金額が異なります。基本的にディーラーや街の自動車整備工場はやや高く設定されていますが、カー用品店やガソリンスタンド等では安く設定されています。

自分で陸運支局に持っていくこともできる

自分で車検を受けることも可能になります。それは、ユーザーが行うタイプで、大分市にある陸運支局に持っていくことから始まります。陸運支局に行く時には、自動車損害賠償責任保険証明書や、自動車納税証明書、継続検査証明書、自動車重量税納付書、自動車の検査証、そして点検整備記録簿を持っていく必要があります。
これらの書類を忘れると陸運支局にいっても検査を受けることが出来ませんので注意が必要になります。
陸運支局に行く場合は、平日の昼間しか開いていません。もし、平日の昼間が仕事の場合は、有給休暇をとるなどして対処するしかありません。
陸運支局に持って行くメリットは、料金が安いことです。陸運支局に行ったとしても法定費用の支払いは必要ですが、検査代行費用はかかりません。

整備をしてくれるのかが問題になる

自動車は、整備をしっかりと行うことで、マシントラブルによるアクシデントを防ぐことが可能になります。しかし、車検を受ければ必ず業者が整備をしてくれるとは限りません。なぜなら、法定点検は適合品がついているかを判断するものだからです。つまり、整備まで行ってくれるので安心して乗ることができるかは別問題になります。
ですが、整備までしっかりと行ってくれるところもあります。それは、大分市にあるディーラーや自動車整備工場などです。一方で、カー用品店やガソリンスタンドは整備まで行ってくれないところがあります。その代わり、費用が安くなっているのが特徴になります。ガソリンスタンドなどでは、別料金を支払うことで整備まで行ってくれる可能性があるでしょう。気になる場合には、整備も行ってくれるか聞いてみましょう。